HOME > その他の研修会(県内)

その他の研修会(県内)

最近の記事

介護支援専門員とリハビリテーション専門職との合同フォーラム

利用者が住み慣れた地域で望む暮らしを全うしていくためには、介護支援専門員
が作成するケアプランが個別化され、より実効性が高いものへと精度を高めていく
必要がある。特に、最近では自立支援の観点から介護支援専門員とリハビリテーシ
ョン専門職との協働が重要と認識されている。そうした状況を受け、今回は、介護
保険制度における介護支援専門員とリハビリテーション専門職の役割を再確認し、
利用者の自立支援に向けて知っておくべき制度の仕組みや特性を理解し、それぞれ
がより専門性を発揮したケアマネジメントが実践できるよう資質の向上を図るこ
とを目的に開催する。



【共 催】 宮崎県介護支援専門員協会/宮崎県理学療法士会
宮崎県作業療法士会/宮崎県言語聴覚士会
【日 時】 令和元年10月12日(土)14:00~17:00 ※13:00~受付
【会 場】 JA・AZMホール2階大研修室(住所)宮崎市霧島1丁目1番地1
【対象者】 1宮崎県介護支援専門員協会の会員
2宮崎県理学療法士会の会員
3宮崎県作業療法士会の会員
4宮崎県言語聴覚士会の会員

【参加費】 1,000円
【定 員】 200名
【内 容】 ○講義 テーマ「制度仕組みの理解から連携のポイントを探る」
講 師 宮崎市立田野病院コミュニティ・メディカルセンター
リハビリテーション科医師 黒木 洋美 先生
○シンポジウム テーマ「今こそ問われる自立支援の在り方」
~重度者の自立支援の在り方について各専門職の立場から~

実践報告とフロア-ディスカッション
【申込について】裏面「参加申込書」に必要事項をご記入の上、令和元年9月27日
(金)までに郵送又はFAXにてお申し込み下さい。参加を取り消す際は、速やか
に下記事務局へご連絡下さい。連絡なしで欠席された際は、資料代をご請求する場
合がございます。

固定リンク | 2019年08月22日【264】

宮崎摂食・嚥下障害臨床研究会定例会のご案内

9月に宮崎摂食・嚥下障害臨床研究会定例会を行いますので、興味がある方は是非ご参加ください。今回は、医師と言語聴覚士によるレクチャーを行う予定です。

・日時:令和元年9月21日(土曜)14時〜
・場所:潤和会記念病院 脳神経センター2階 会議室
・内容 ショートレクチャー2題
1.「脳画像所見からみる摂食嚥下障害」
講師:宮崎市立田野病院 医師 黒木洋美先生
2.「脳血管障害者の摂食嚥下リハの実際」
講師:藤元総合病院 言語聴覚士 岩村秀世先生
・参加費:会員無料、非会員500円

定例会後は、懇親会を予定しています。出席される方は、定例会、懇親会とも9月18日(水)までにメールで申し込みください。

以上、よろしくお願いいたします。

申し込み先:宮崎摂食・嚥下障害臨床研究会事務局
安藤ちはる springsas2000@yahoo.co.jp
*メールでお申込み下さい。

固定リンク | 2019年08月14日【263】

看護職と他職種との交流会のご案内

盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
日頃より当協会事業には、ご協力とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、小林・えびの・西諸県地区において標記研修会を下記のとおり計画いたしました。
つきましては、ご多忙の折り恐縮ですが、関係職種の参加についてご配慮賜りますようよろしくお願いします。

1 日 時   令和元年9月20日(金) 19:00〜21:00(受付18:30〜)

2 場 所   園田病院 3階会議室
        小林市堤3005-1(TEL:0984-22-2221)

3 内 容   別添(プログラム)のとおり

4 対象者   小林・えびの・西諸県地区の看護職、医師、歯科医師、薬剤師、ケアマネジャー
        医療ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、栄養士、介護職等
 
5 参加費   一律500円

6 申込み   別紙FAX用紙で9月10日(火)までにお申し込みください

7 その他   交流会については本協会のホームページにも掲載しています

お問い合わせ:
宮崎県看護協会(担当:戸内)
TEL 0985-58-0622
FAX 0985-58-2939

詳細は添付の資料をご参照下さい

固定リンク | 2019年08月05日【262】

在宅医療介護連携ICT運用研修会開催についてのご案内

宮崎市郡在宅医会ではICT検討会議を重ね、在宅医療介護の患者・利用者のストック情報を共有する情報システム基盤としての在宅版カルテシステムを「宮崎市ICTシステム:MICT」として構築運用しております。このシステムの運用により情報交換がタイムリーに行うことができるようになることが期待されます。
新たに登録を考えておられる事業所管理者様および従業員の方、既に登録済みで使用が進んでいない方々に向けて「在宅医療介護連携ICT運用研修会」を開催しております。8月は下記の日程で行いますので、ご案内申し上げます。また、本研修会は定期的に開催していく予定ですので申し添えます。登録申請をお考えの事業所はIDを準備しますので予め別紙にてお知らせ下さい。
参加を希望される方は、準備の都合がございますので、別紙によりFAXにて必ずご回答いただきますようお願い致します。 
※申込締切8月10日(土)

日 時  令和元年8月20日(火) 19時〜
場 所  宮崎市郡医師会病院 研修棟 1階
内 容  在宅医療介護連携ICT運用研修会
※駐車場は一ツ葉会営薬局前をご利用ください。

※今後のMICT研修会の予定  9月17日(火) 10月15日(火) 11月19日(火)

詳細は添付の資料をご参照下さい

固定リンク | 2019年08月02日【261】

大規模災害リハビリテーション支援チーム本部運営ゲーム(REHUG) 研修会のご案内

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび、当会の研修会を開催することとなりました。今年は、5月に日向灘地震、7月に九州大雨もあり、自然災害をより身近に感じ、不安を頂いた方も多いと思います。その不安に対し、どのように向き合って行けばいいかを災害支援という視点で行う研修会です。
 今回、大規模災害リハビリテーション支援チーム本部運営ゲーム(REHUG)を使った研修会を開催します。REHUGとは、Re「何度も」HUG「抱きしめる」という意味から名付けられ、災害時に変容する時期に要配慮者を支援する意味合いがこめられています。このリハビリテーション本部運営ゲームは、2016年熊本地震における本部運営の経験を基に構成されています。
 本研修では、災害支援における受援者側の体制を学べる場だけでなく、平時からのリハビリテーション専門職の交流の場となる有意義なものになると考えております。皆様におかれましては、業務等にてご多忙なことと存じますが、ご参加の程よろしくお願い致します。                          
謹白

1.研修会名称:大規模災害リハビリテーション支援チーム本部運営ゲーム(REHUG)研修
2.会期・会場:19:00〜20:30(受付18:30〜) 
REHUG研修会 [疣存鞠9月5日(木曜日)  宮崎善仁会病院
REHUG研修会◆[疣存鞠11月平日       ※西都市内の施設 
REHUG研修会 令和2年 1 月平日       ※都城市内の施設 
3.主催:宮崎大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(宮崎JRAT)
共催:宮崎リハビリテーション専門職協議会(宮崎理学療法士会、宮崎作業療法士会、宮崎言語聴覚士会)
4.参加予定者数:各日程20〜30名程度
5. 研修会費:200円(資料代として)
6.参加申込期間:令和元年8月31日(土) 下記内容を記載頂き、メールにて申し込みください。
・参加する研修会番号( 銑) ・施設名 ・電話番号 ・職種 ・氏名 ・メールアドレス 
※研修会↓の会場は未定ですが、決定次第、参加申し込み者へ連絡致します。研修会参加申込み後のキャンセルも受け付けていますので、興味関心のある方は、まずは参加申込みの程、よろしくお願い致します。
7.その他:各日程、同内容の研修会となります。近隣の会場にご参加ください。

<お問い合わせ及び申し込み先> 宮崎大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(宮崎JRAT)
事務局長 黒木俊光(所属:古賀総合病院OT) E-mail:m-jrat@outlook.jp

固定リンク | 2019年07月16日【260】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [36]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会